短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年5月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    木の実和え 箸の文化がつまむ春  (政信)
(標目  舌先三寸天下大平)
 追吟  つまむ春花束となる草の花

地    麗らかに 花鳥風月山笑う  (新一)
(標目  花も笑いし鳥も唄いて)

人    伝わりし句座を彩る四季こよみ  (佳月)<折り句 ツクシ>
(標目  春夏秋冬それぞれ多彩)

二    縁という神の手配の中で生き  (善三郎)<詠み込み 縁>
三    気は若い 青春切符切る冠句  (和憲)
四    古狸 頼りにされる生き字引  (春風)
五    手を抜いて 後悔という世の教え  (耕作)
六    麗らかに 天下の夜明け花と鳥  (治子)
七    初燕 国籍のない馴染み客  (佳月)
八    渦を巻き 煩悩はまだ衰えず  (佳月)
九    山を越すようやく笑顔医の技術  (泉水)<折り句 ヤヨイ>
十    追憶の句集で偲ぶ紫水の忌  (和憲)<折り句 ツクシ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-05-31 05:00 |  安冨冠句会例会