短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年5月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    追憶の句集で偲ぶ紫水の忌  (和憲)<折り句 ツクシ>
(標目  郷土の先輩見ならい学ぶ)
 追吟  紫水の忌盃取り合戦いつまでも

地    手を抜いて 一行だけで足る老い日記  (純一)
(標目  行動範囲が狭まりゆきて)

人    気は若い おしゃれは恋の芽生えかも  (泉水)
(標目  この気力をばいつも忘れず)

二    麗らかに 流れゆるやか花筏  (耕作)
三    木の芽和え 箸の文化がつまむ春  (泉水)
四    病める身に嫁の笑顔が医に勝る  (泉水)<折り句 ヤヨイ>
五    初燕 娘の里帰り見る思い  (政信)
六    古狸 頼りにされる生き字引  (春風)
七    渦を巻き ぜんまいそっと春を告ぐ  (純一)
八    病み人の甦りたる医の進歩  (純一)<折り句 ヤヨイ>
九    土に生き苦労に耐えて皺深し  (耕作)<折り句 ツクシ>
十    木の芽和え 舌も季節を思い出す  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-05-31 06:00 |  安冨冠句会例会