短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年5月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    追憶の句集で偲ぶ紫水の忌  (和憲)<折り句 ツクシ>
(標目  いまに称える先人の徳)
 追吟  紫水の忌故郷の句座に和が集う

地    初燕 議員宿舎を避けて飛ぶ  (和憲)
(標目  巣作り楽し素朴の里)

人    手を抜いて 楽に楽にと老いの日々  (公三)
(標目  たまに苦の種蒔くこともある)

二    木の実和え 亡母に近ずく少しだけ  (千翔)
三    金婚も越えて縁の糸褪せず  (弥生)<読み込み 縁>
四    気は若い 心に明日の夢を持ち  (耕作)
五    手を抜いて 割愛という良き言葉  (純一)
六    ルール無視 己れに返る事知らず  (守磨呂)
七    安らかな齢重ねて今生きる  (奎夫)<折り句 ヤヨイ>
八    縁という神の手配の中で生き  (善三郎)<読み込み 縁>
九    選挙カー 後は泣く人笑う人  (純一)
十    古狸 仲をとり持つ老いの知恵  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-05-31 07:00 |  安冨冠句会例会