短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年5月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部
紫水杯  四選  
    
      追憶の句集で偲ぶ紫水の忌  (和憲)<折り句 ツクシ>

四選   土に生き苦労に耐えて皺深し  (耕作)<折り句 マツル>
      渦を巻き ぜんまいそっと春を告ぐ  (純一)

三選   気は若い 青春切符切る冠句  (和憲)
      古狸 頼りにされる生き字引  (春風)
      縁という神の手配の中で生き  (善三郎)<読み込み 縁>
      縁有って三三九度の賭けをする  (佳月)<読み込み 縁>
      古狸 仲をとり持つ老の知恵  (耕作)
      木の芽和え 熱燗供に今日主役  (政信)
      選挙カー 意中以外はやかましい  (豪人)
      麗らかに 天下の夜明け花と鳥  (治子)
      ルール無視 そこに事故あり凶器あり  (佳月)
      
以上多選の部 十二章でした 。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-05-31 08:00 |  安冨冠句会例会