短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年5月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    お揃いで 夫と私の若狭箸  (高男)
(標目  ちりとてちんと暮らす喜び)
 追吟  若狭箸やきもちを妬く喉仏

地    貧しいが自分の城が世界一  (芳英)<詠み込み 城>
(標目  誰に遠慮の要らぬ嬉しさ)

人    満ち足りて 苦を乗り越えた笑いじわ  (泉水)
(標目  苦労の肌に余生楽しく)

二    昭和の日 神の国から人の国  (善三郎)
三    花粉飛ぶ 我がふる里は過疎になる  (公三)
四    馬があう 距離の取り方うまい人  (謙一郎)
五    民主主義何が自由か取り違え  (篤子)<折り句 ミナト>
六    辛抱は金だというが間に合わず  (善三郎)<折り句 シカマ>
七    蜜を吸う 手放しません道路税  (謙一郎)
八    背伸びして 総裁決めた冷めた椅子  (和憲)
九    昭和の日 日本が変わる終戦後  (芳英)
十    ふわふわと ニートに聴かす労働歌  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 01:00 |  安冨冠句会例会