短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年5月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    満ち足りて 花も笑顔の水加減  (哲男)
  (標目 切るに切られず花挟み持つ)
 追吟  水加減後は肥料の匙加減

地    蜜を吸う 談合列島花盛り  (和憲)
  (標目 役人ばかり甘い汁吸う)

人    昭和の日 誰もが泣いた敗戦日   (土筆)
  (標目 あの日あの時涙忘れじ)

二    夜空冴え古城が似合う月に雲  (耕作)<詠み込み 城>
三    夏草に古城を偲ぶ夢のあと  (奎夫)<詠み込み 城>
四    見た目にも並の栫え嫁ぐ娘に   (善三郎)<折り句 ミナト>
五    未来まで仲良く行こう遠くとも (祥雲)<折り句 ミナト>
六    花粉飛ぶ 被害黄砂の上をゆく   (政信)
七    満ち足りて 熟年楽し趣味に生き  (奎夫)
八    花吹雪 散り際見事桜花  (守麻呂)
九    花吹雪 桜と共に散った恋   (孝代)
十    死にそうと簡単に言うまだ早い (孝代)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 02:00 |  安冨冠句会例会