短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年5月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    凭れ合う 目立つことなき花ゆえに  (直樹)
(標目  陰でひっそり肩寄せ合う)
 追吟  花ゆえに寄り添って咲くけなげなさよ

地    満ち足りて ハードル越えた老いの自負  (和憲)
(標目  老いの目標自身採点)

人    花吹雪 有終の美を置き土産  (佳月)
(標目  最後斯くあれ花は教える)

二    ふわふわと ニートに聴かす労働歌  (和憲)
三    昭和史の悲しい過去がまだ癒えず  (泉水)<折り句 シカマ>
四    譲れない家事のこだわり主婦の城  (謙一郎)<読み込み 城>
五    ふわふわと 軌道に乗って任果す  (春風)
六    昭和の日 ああ懐かしい友の顔  (公三)
七    満ち足りて 何故世間荒みゆく  (政信)
八    未知の宙謎を尋ねて飛ぶカグヤ  (政信)<折り句 ミナト>
九    背伸びして 詩の彼岸がまだ見えぬ   (高男)
十    酒は魔物か不思議な水か 酔えば飛び出す隠し芸  (新一)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 03:00 |  安冨冠句会例会