短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年5月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    花吹雪 有終の美を置き土産  (佳月)
(標目  刹那幸せ生きてる証)
 追吟  置き土産やさしく論す親の愛

地    貧しいが自分の城が世界一  (芳英)<読み込み 城>
(標目  背伸びあくびも我が天下なり)

人    お揃いで 笑顔素敵な両陛下  (和憲)
(標目  お健やかなれ民は安らぐ)

二    馬があう お金で買えぬ宝物  (耕作)
三    花でほめ月で魅せます白鷺城  (泉水)<読み込み 城>
四    昭和の日 礎となり高齢に  (春風)
五    花粉飛ぶ 元を正せば人にある (善三郎)
六    蜜を吸う 手放しません道路税  (謙一郎)
七    凭れ合う 人と言う字の重み知る  (新一)
八    花吹雪 美と感動が詩を生む  (耕作)
九    満ち足りて やさしい気持ちになれる日々  (國子)
十    背伸びして 目標高く功成らず  (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 04:00 |  安冨冠句会例会