短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年5月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選


天    凭れ合う 人と言う字に教えられ  (泉水)
(標目  支えられつつ支えることも)
 追吟  教えられ足取り軽しボランティア

地    お揃いで 華燭の宴睦まじく  (恒男)
(標目  永久の契に幸多かれと)

人    未知の宙謎を尋ねて飛ぶカグヤ  (政信)
(標目  世界の期待日本背負って)

二    城下町過去へ思いを馳せてみる  (孝代)<読み込み 城>
三    凭れ合う ガソリン税の泣き笑い  (哲男)
四    昭和の日 神の国から人の国  (善三郎)
五    満ち足りて 日々平凡に生きる幸  (直樹)
六    蜜を吸う 花と遊んだ昭和の子  (純一)
七    花吹雪 少子高齢どう裁く  (直樹)
八    ふわふわと 人の心が地につかず  (新一)
九    花粉飛ぶ 容赦しません美人とて  (和憲)
十    夫婦舟波に揉まれて共白髪 (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 05:00