短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年5月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    満ち足りて 苦を乗り越えた笑いじわ  (泉水)
(標目  喜怒哀楽もすでに幻影)
 追吟  笑いじわ男の顔は即履歴

地    見掛けより何が大事と説く教え  (耕作)<折り句 ミナト>
(標目  ボロは着てても心は錦)

人    昭和の日 神の国から人の国  (善三郎)
(標目  舞台は廻るどんでん返し)

二    忍び寄る加齢の時刻は待ったなし  (佳月)<折り句 シカマ>
三    お揃いで 笑顔素敵な両陛下  (和憲)
四    花吹雪 刹那惜別風無常  (和憲)
五    昭和史の悲しい過去が未だ癒えず   (泉水)<折り句 シカマ>
六    昭和の日 靖国眠る世は騒ぐ  (孝代)
七    凭れ合う 人と言う字の重み知る  (新一)
八    背伸びして 欲が顔出す巻開き  (和憲)
九    蜜を吸う 聞き捨てならぬ天下り  (佳月)
十    三島宿情に泣いて解かす雪  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 06:00 |  安冨冠句会例会