短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年5月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      花粉飛ぶ 我がふる里は過疎になる  (公三)

三選   昭和の日 神の国から人の国  (善三郎)     
      お揃いで 笑顔素敵な両陛下  (和憲)
      花吹雪 有終の美を置き土産  (佳月)
      貧しいが自分の城が世界一  (芳英)<詠み込み 城>
      蜜を吸う 手放しません道路税  (謙一郎)
      未知の宙謎を尋ねて飛ぶカグヤ  (政信)<折り句 ミナト>
      忍び寄る加齢の時刻は待ったなし  (佳月)<折り句 シカマ>
      昭和史の悲しい過去が未だ癒えず  (泉水)<折り句 シカマ>
      背伸びして 雨後の筍旬逃がす  (泉水)
      馬があう お金で買えぬ宝物  (耕作)
      ふわふわと 母に掛けるや羽根布団  (國子)
      ふわふわと 総理個性も棘もなし  (佳月)
      夜空冴え古城が似合う月に雲  (耕作)<読み込み 城>
      凭れ合う 貧者の募金世を照らす  (祥雲)
      花粉飛ぶ 容赦しません美人とて  (和憲)
      背伸びして 少し嘘まぜアンケート  (千翔)

      以上 三選16章

多選 17章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 08:00 |  安冨冠句会例会