短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年5月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    ほろ苦い 上司相手に呑むお酒  (豪人)
(標目 付き合い酒に計る潮時)
追吟  呑むお酒今日の相手は酔えもせず

地    母の詩 昔だかれて今背負う  (哲男)
(標目 はっとしているこの軽さには)

人    耕して 土の匂いに引き込まれ   (新一)
(標目 鍬を持つ手に思わず笑顔)

二    耕して 農に汗かく母が好き  (直樹)
三    山と川坂も乗り越え今がある  (公三)<折り句 ヤサイ>
四    病む母が差し出すお金いじらしい   (芳英)<折り句 ヤサイ>
五    八十路坂支え合いこそ生きる道 (耕作)<折り句 ヤサイ>
六    栄え行く家族皆んなが悩みなし  (哲男)<折り句 サカナ>
七    さりげなく交わす会釈の和む笑み  (孝代)<折り句 サカナ>
八    天と地と 不況の波に浮き沈み  (千賀子)
九    天と地と 石一つにも静と動  (千祥)
十    ほろ苦い 妻の一言呑み過ぎよ (豪人)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 01:00 |  安冨冠句会例会