短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年5月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    母の詩 遺影が語る愛の声  (新一)
(標目  朝な夕なに母の面影)
 追吟  愛の声心に残る母の唄

地    天と地と 人に生まれて生きる幸  (直樹)
(標目  空も大地も人に希望を)

人    ほろ苦い 恋の未練を水で割る  (和憲)
(標目  辛い思いを暗い酒場で)

二    病む母が差し出すお金いじらしい  (芳英)<折り句 ヤサイ>
三    悠々と 浮世の風に流されず  (春風)
四    ほろ苦い 男の過去のうす汚れ  (純一)
五    母の詩 昔だかれて今背負う  (哲男)
六    山と川坂も乗り越え今がある  (公三)<折り句 ヤサイ>
七    退院し五臓六腑に染みる酒  (芳英)<読み込み 五>
八    病む地球 人を裁くか処方箋  (恒男)
九    四捨五入我が人生は四捨ばかり  (政信)<読み込み 五>
十    紙兜 夢折り込んだ新聞紙  (泉水)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 02:00 |  安冨冠句会例会