短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年5月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    悠々と 大器晩成夢が舞う  (新一)
(標目  こつこつ積んだ努力の華が)
 追吟  夢が舞う 涙と汗の華ひらき

地    病む地球 エコ対策が後手になり  (哲男)
(標目  緑増やして共存願う)

人    母の詩 郷愁誘う童うた  (篤子)
(標目  竹馬の友や今いずこにか) 

二    耕して 磨けば心尚ひかる  (千翔)
三    病む母の再入院に胸痛む  (直樹)<折り句 ヤサイ>
四    耕して 過去を清算立ち上がる  (恒男)
五    最果ても叶うテレビの生放送  (土筆)<折り句 サカナ>
六    主を迂回し諭吉は妻へ 物議醸した給付金  (孝代)<送り句>
七    茶の香り 茶筅の動き雅の心  (新一)
八    ほろ苦い 女心はデリケート  (千賀子)
九    アホかいな 夫婦も薹(とう)が立って来て  (泉水)
十    五月雨に町花アジサイあざやかに  (良春)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 03:00 |  安冨冠句会例会