短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年5月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    策つきて借りる教訓茄子の花  (千翔)<折り句 サカナ>
(標目  世の体験者無駄骨折らぬ)
 追吟  茄子の花今年も元気紫紺の実

地    母の詩 思い出だけを置き去りに  (直樹)
(標目  我が胸中に母は健在)

人    茶の香り その家その屋にある個性  (政信)
(標目  新茶の仕込み家中漂う)

二    紙兜 爺が折り上ぐ新聞紙  (戸楓)
三    耕して 棚田水張り月写す  (豪人)
四    アホかいな いいえ凄いよ寛平ちゃん  (雅城)
五    耕して 健康維持の畑仕事  (良春)
六    母の詩 郷愁誘う童うた  (篤子)
七    病む地球 贅沢馴れた人のエゴ  (孝代)
八    授かった冠句一筋波に乗り  (新一)<折り句 サカナ>
九    山萌えて早苗のなびく田舎道  (春風)<折り句 ヤサイ>
十    山裾をさらさら流る石清水  (千翔)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 04:00 |  安冨冠句会例会