短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年5月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    耕して 四角四面の田となりぬ  (孝子)
(標目  あるやなしやの境界見えて)
 追吟  田となりぬもう雑草は許すまじ

地    策つきて借りる教訓茄子の花  (千翔)<折り句 サカナ>
(標目  理解し易すい格言標語)

人    紙兜 折紙文化子に伝え  (良春)
(標目  目を輝かせ母さんすごい!)

二    母の詩 思い出だけを置き去りに  (直樹)
三    アホかいな 一言だけで済むものを  (和憲)
四    少し嬉しい財布の隙間 物議醸した給付金  (和憲)
五    皇室に嫁がれも早五十年  (孝代)<読み込み 五>
六    茶の香り 阿吽が三時告げている   (和憲)
七    ほろ苦い 青春日記紐解いて  (公三)
八    目で合図 言わぬが花よ声出して  (孝代)
九    病む地球 自然破壊の付けが来た (哲男)
十    耕して 春の生命の鼓動聞く  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 05:00 |  安冨冠句会例会