短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年5月上座抄(広岡和憲 雅伯選)

広岡和憲 雅伯選

天    天と地と 暫し別れの定め生き  (孝代)
(標目  祇園精舎の鐘の音寂し)
 追吟  定め生き釈迦は無常を説いていた

地    ほろ苦い 世は様々の給付金  (善三郎)
(標目  ここは素直に貰いましょう)

人    病む地球 しばし忘れて桜咲く  (雅城)
(標目  青い地球にめぐる四季あり)

二    耕して 農に汗かく母が好き  (直樹)
三    母の詩 夢で聞きます子守唄  (雅城)
四    ほろ苦い 別れし夜の缶ビール  (直樹)
五    茶の香り 暫し正座の奥座敷  (公三)
六    悠々と 詩を伴侶に里暮らし  (直樹)
七    天と地と 人に生まれて生きる幸  (直樹)
八    紙兜 折れば昭和が甦る  (純一)
九    ほろ苦い 抜けば冷たくなる指輪  (千翔)
十    五條橋月に牛若笛澄める  (千翔)<読み込み 五>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 06:00 |  安冨冠句会例会