短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年6月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    助け舟 祖母の背中は避難場所  (政信)
(標目  父母に叱られ婆ちゃん見方)
 追吟  避難場所孫は知ってる甘い背中

地    冴え渡り 億光年が降る神秘  (佳月)
(標目  夏の夜空に月もほほえむ)

人    蛍追う光る川辺を橋の上  (戸楓)<読み込み 光>
(標目  田舎なりやこそ初夏の風物)

二    副作用 ほどほどと言う匙加減  (耕作)
三    角が立つ 佳き日棟上げまず柱  (純一)
四    副作用 効能書もええ加減  (公三)
五    老いの糧 家紋一つを守り抜く  (純一)
六    慌て者 自販機の釣取り忘れ  (良春)
七    茶の香り 摘んで焙じて揉んで味  (土筆)
八    とりあえず 頭金だけ払います  (芳英)
九    とりあえず 老いの一日万歩から  (政信)
十    副作用 科学の進歩病む地球 (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-06-28 02:00 |  安冨冠句会例会