短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年6月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    助け舟 浮世の波に人を知る  (和憲)
(標目  棹にすがった思いを忘れず)
 追吟  人を知る手配は神かめぐり合い

地    年老いて筆が繋いだ詩の道  (耕作)<折り句 トフウ>
(標目  冠句通じて友あちこち)

人    運と不運を背負って歩む 活断層を尻に引く  (耕作)<送り句>
(標目  運で割り切る地殻の変動)

二    嬉し泣き そっと滴の塩の味  (治子)
三    老いの糧 愚痴を笑える妻が居る  (直樹)
四    茶の香り 暮らしの中の小休止  (純一)
五    角が立つ 話は丸く鞘に差す  (直樹)
六    慌て者 心の隙間を締め忘れ  (祥雲)
七    副作用 豊かな国の子の歪み  (土筆)
八    老いの糧 ここぞと放つ鶴の声  (公三)
九    とりあえず 転ばぬ先の杖深す  (新一)
十    副作用 科学の進歩病む地球  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-06-28 03:00 |  安冨冠句会例会