短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年6月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    副作用 科学の進歩病む地球  (純一)
(標目  省エネ対処人事なし)
 追吟  病む地球罪な人類贅沢さ

地    冴え渡り億光年が降る神秘  (佳月)<読み込み 光>
(標目  あっと言う間の流星何処)

人    大切に真心尽す恩と義理  (祥雲)<折り句 タマオ>
(標目  変わる世相も道理の誠)

二    老いの糧 風月愛でて筆をとり  (春風)
三    隠し芸 ひそかな苦労人沸かす  (千代子)
四    隠し芸 笑いも掬う安来節  (和憲)
五    茶の香り 暮らしの中の小休止  (純一)
六    助け舟 浮世の波に人を知る  (和憲)
七    励め勉学鍛えよ身体 末は大河となる滴  (政信)<送り句>
八    足るを知り待つ事も知る奥深さ  (善三郎)<折り句 タマオ>
九    友と飲む普段の酒が旨かろう  (直樹)<折り句 トフウ>
十    光ある大地に暮らすありがたさ  (直樹)<詠み込み 光>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-06-28 04:00 |  安冨冠句会例会