短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年6月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    老いの糧 不肖と言えど子は支え  (純一)
(標目  引き合う絆老いて従う)
 追吟  子は支え安堵の日日を送る幸

地    副作用 異変に騒ぐ青い星  (佳月)
(標目  京都議定書実行されず)

人    助け舟 暖かい声背なを押す  (善三郎)
(標目  沈む心に灯光る)

二    嬉し泣き 生きて故国の土を踏む  (善三郎)
三    自然が溢れる長閑な里も 活断層を尻にしく  (公三)<送り句>
四    老いの糧 イチゴ熟れたと孫招く  (良春)
五    片思い 一遇の夢世の彼方  (治子)
六    冴え渡り億光年が降る神秘  (佳月)<詠み込み 光>
七    慌て者 古稀で老け込む任せた人  (佳月)
八    助け舟 被災地汗のボランティア  (純一)
九    跳ぶ鮎に振る篝火や鵜飼舟  (佳月)<折り句 トフウ>
十    苦労を隠し落した涙 末は大河となる滴  (耕作)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-06-28 05:00 |  安冨冠句会例会