短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年6月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    嬉し泣き ありがとうには深い味  (和憲)
(標目  何にも勝る五文字うつくし)
 追吟  深い味仏心に底は無し

地    片思い 夢を描いている私  (善三郎)
(標目  恋にあこがれ源氏読みつつ)

人    年老いて筆が繋いだ詩の友  (耕作)<折り句 トフウ>
(標目  卒業のない友と集いて)

二    副作用 異変に騒ぐ青い月  (佳月)
三    雨上がり毬の滴の光る里  (春風)<読み込み 光>
四    茶の香り 嬉しい時に知った味  (泉水)
五    とりあえず 妻の信管抜いておく  (和憲)
六    角が立つ 言葉の綾が呼ぶ波紋  (和憲)
七    宝くじまだ懲りもせず億の夢  (泉水)<折り句 タマオ>
八    老いの糧 畑仕事と趣味一つ  (政信)
九    隠し芸 種がポロリとご愛敬  (政信)
十    片思い 選者素通り自信作  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-06-28 06:00 |  安冨冠句会例会