短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年6月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    被災地に差しのべ光支援の手  (耕作)<詠み込み 光>
(標目  兵庫新潟石川県も)
 追吟  支援の手みんな持ちましょこの気持ち

地    とりあえず 汗を拭き拭き栓を抜く  (良春)
(標目  猛暑の中を土方仕事で)

人    片思い 面影さがす同期会  (純一)
(標目  あの子老けたが思いは変わらぬ)

二    副作用 頼る主治医が首かしげ  (泉水)
三    隠し芸 満座を沸かすむっつり屋  (善三郎)
四    助け舟 福祉が生きてる小さな手  (祥雲)
五    老いの糧 姥捨にみる生きる知恵 (奎夫)
六    とりあえず 風倒木を取り除き  (戸楓)
七    茶の香り いつか集まる杖の友  (公三)
八    嬉し泣き 生きて故国の土を踏む  (善三郎)
九    嬉し泣き 引く紅葉の手今ひかれ  (孝代)
十    朝起きて光を拝む祖母ありて  (一歩)<読み込み 光>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-06-28 07:00 |  安冨冠句会例会