短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年6月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部
紫水杯  四選  
    
      冴え渡り億光年が降る神秘  (佳月)<詠み込み 光>

四選   副作用 科学の進歩病む地球  (純一)
      角が立つ 言葉の綾が呼ぶ波紋  (和憲)
      茶の香り 三時ですよと妻の声  (公三)

三選   年老いて筆が繋いだ詩の友  (耕作)<折り句 トフウ>
      嬉し泣き 生きて故国の土を踏む  (善三郎)
      助け舟 浮世の波に人を知る  (和憲)
      足るを知り待つことを知る奥深さ  (善三郎)<折り句 タマオ>
      副作用 ほどほどと言う匙加減  (耕作)
      片思い 古アルバムに閉じ込めて  (政信)
      片思い 選者素通り自信作  (耕作)
      片思い 面影探す同期会  (純一)
      副作用 美食のツケは皮下脂肪  (和憲)
      とりあえず 一命だけは取り留める  (芳英)
      
以上多選の部 十四章でした 。

なお、今回五選は(和憲)でしたが前回紫水杯なので次点へ

五選の句 とりあえず 妻の信管抜いておく
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-06-28 08:00 |  安冨冠句会例会