短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年6月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    泣くものか 浮世の風が沁みる夜  (和憲)
(標目  同じ夢見る涙枯れても)
 追吟  沁みる夜明日を夢見て安らかに

地    誰がために憂う地球にエコの風  (直樹)<折り句 タウエ>
(標目  地球環境人の努力で)

人    衣更え 老いは着もせず捨てもせず  (佳月)
(標目  服はあれどもオシャレ気はなし)

二    泣くものか 今日が終われば明日が来る  (篤子)
三    駆け込んで 暫定税が堰を切る  (和憲)
四    糠に釘 いつも笑顔で従わず  (和憲)
五    青い地球は人類次第 温暖、年金、拉致、ギョウザ  (春風)<送り句>
六    耐え忍ぶ浮世は辛し会者定離  (和憲)<送り句 タウエ>
七    もう一歩 やれば出来ると踊らされ  (孝代)
八    飛びついて 落ちた蛙は齢を知る  (佳月)
九    守る伝統見事な技術 姫路菓子博2008  (高男)<送り句>
十    恋いかしら 気になる人と居て無口  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 02:00 |  安冨冠句会例会