短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年6月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    泣くものか やがて陽の射す時を待つ  (新一)
(標目  負けてはならぬ歯を食いしばる)
 追吟  時を待つその修業は辛いもの

地    宝船運と七福笑顔乗せ  (高男)<折り句 タウエ>
(標目  家庭円満声もほがらか)

人    もう一歩 踏み出す勇気前途有る  (孝代)
(標目  希望の光この手に掴む)

二    もう一歩 届かぬ票のもどかしさ  (奎夫)
三    花も散り木々は芽吹いて山笑う  (高男)<読み込み 芽>
四    カーネーション 日ごろの感謝花を添え  (新一)
五    泣くものか 風雪耐えた風見酉 (哲男)
六    衣更え 若葉青葉と時移る  (公三)
七    衣更え 若葉まといて四方の山  (國子)
八    茶摘み唄 乗せて若葉の風薫る  (春風)
九    駆け込んで 暫定税が風を切る  (和憲)
十    駆け込んで 有終の美のテープ切る  (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 03:00 |  安冨冠句会例会