短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年6月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    カーネーション 仏花に添えて母思う  (春風)
(標目  胸中深く面影偲ぶ)
 追吟  母想うほのほのとして懐かしや

地    泣くものか 耐える根性戦中派  (新一)
(標目  たとえ転ぼと只では起きぬ)

人    駆け込んで 金振り込むな先ず疑念  (政信)
(標目  詐欺に用心平常心で)

二    茶摘み唄 新芽香ばし初夏の風  (新一)
三    衣更え 緑千里を濃く淡く  (千翔)
四    糠に釘 不安と無視の介護税  (良春)
五    もう一歩 届かぬ夢追いかける  (謙一郎)
六    駆け込んで 暫定税が堰を切る  (和憲)
七    恋いかしら 燃える心に年齢はなし  (新一)
八    若葉燃え野山活気の皐月晴  (奎夫)<読み込み 芽>
九    山河映ゆ月の光や清き里   (治子)<折り句 サツキ>
十    誰がために憂う地球にエコの鐘  (直樹)<折り句 タウエ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 05:00 |  安冨冠句会例会