短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年6月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    予想外 「有難とう」の声返る  (耕作)
(標目  これを言われて怒る人無し)
 追吟  声返る山彦楽し二重奏

地    誰がために憂う地球にエコの鐘  (直樹)<折り句 タウエ>
(標目  サミット近し乞うは御期待)

人    初夏の風森の若葉が肩揺らす  (孝代)<読み込み 芽>
(標目  若葉手拍子アンコールかな)

二    カーネーション 仏花に添えて母に会う  (政信)
三    恋いかしら 否定しないわそうかもよ  (土筆)
四    種蒔いて初芽楽しむ畠仕事  (祥雲)<読み込み 芽>
五    茶摘み唄 絣たすきで世に残り   (良春)
六    飛びついて 孫三才のおもてなし  (公三)
七    泣くものか 逢えば別れる世のならい  (千翔)
八    三光へ連れと楽しく競う句座  (佳月)<折り句 サツキ>
九    駆け込んで 球は後から三塁打  (戸楓)
十    予想外 案外弱い巨人軍  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 06:00 |  安冨冠句会例会