短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年6月上座抄(早柏高男 雅伯選)

早柏高男 雅伯選

天    カーネーション 贈る母ある有難さ  (孝代)
(標目  長生きをすれば後期高齢)
 追吟  有難さ語る言葉に血がかよう

地    茶摘み唄 乗せて若葉の風薫る  (春風)
(標目  富士は見ている聞こえています)

人    泣くものか 嫁ぐ我が子の晴れ姿  (直樹)
(標目  坐り直して三つ指ついて)

二    予想外 カド番力士優勝す  (泉水)
三    糠に釘 拉致を認めぬ北の国  (芳英)
四    誰がために憂う地球にエコの鐘  (直樹)<折り句 タウエ>
五    慈愛受けすくすく育て青き芽よ  (直樹)<読み込み 芽>
六    もう一歩 流す涙で夏誓う  (耕作)
七    恋いかしら 縺れる蝶が空に舞う  (國子)
八    飛びついて 復員の子に泣いた母  (佳月)
九    衣更え 季節先取り百貨店  (政信)
十    駆け込んで テープ切る子のVサイン  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 07:00 |  安冨冠句会例会