短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年6月紫水杯(多選之部)

安富冠句会 平成20年6月紫水杯(多選之部)
紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      駆け込んで 暫定税が堰を切る  (和憲)

四選   誰がために憂う地球にエコの鐘  (直樹)<折り句 タウエ>    
      恋いかしら 燃える心に年齢はなし  (新一)
      糠に釘 諭して聞かぬへそ曲がり  (哲男)

三選   恋いかしら 言わず語らず目が動く  (善三郎>
      予想外 カド番力士優勝す  (泉水)
      衣更え 老いは着もせず捨てもせず  (佳月)
      待望の産声聞いて笑顔出る  (芳英)<折り句 タウエ>
      駆け込んで 命繋いだ脱北者  (直樹)
      泣くものか 今日が終われば明日が来る  (篤子)
      茶摘み唄 初夏の絵になり香も添えて  (泉水)
      泣くものか 後期高齢強く生き  (良春)
      もう一度 上座の壁はほろ苦い  (和憲)
      駆け込んで 球は後から三塁打  (戸楓)
      予想外 被害甚大四川省  (守麻呂)

      以上 三選11章

多選 15章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 08:00 |  安冨冠句会例会