短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年6月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    田や畑に父母の汗土にしみ  (泉水)<折り句 タチツ>
(標目  農に明け暮れ収穫愛し)
 追吟  土にしみ家を守りて栄えゆく

地    郷の川 源流関の鹿ヶ壺  (豪人)
(標目  水脈きよし甘さ冷たさ)

人    手を取って共に百まで和やかに  (雅城)<折り句 テトナ>
(標目  心おだやか人生百才)

二    苦労した親に介護の恩返し  (良春)<読み込み 親>
三    仕事人 真似の出来ない腕がある  (芳英)
四    仕事人 骨身惜しまず汗ひかる  (千賀子)
五    応援歌 我が青春の熱き日々 (直樹)
六    口に合う 山野の風土旬の味  (土筆)
七    応援歌 行進曲が背中を押す  (和憲)
八    仕事人 匠の技を引き継いで  (新一)
九    雨の古都 三千院もしっとりと  (公三)
十    止められず だんだん早く歳月が  (雄飛)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-06-25 01:00 |  安冨冠句会例会