短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年6月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    郷の川 子供心が甦る  (新一)
(標目  岩は静かに姿かわらず)
 追吟  甦る竹馬の友を懐かしむ

地    親となりあの日の母を想い知る  (孝代)<読み込み 父>
(標目  泣く日笑う日母を重ねて)

人    夢に向かって惜しまず努力 自分で選んだ道だから  (直樹)
(標目  やがて花咲き実を結ぶ) 

二    仕事人 泣いて灯を消す町工場  (雅城)
三    雨の古都 傘に紅葉をのせて行く  (豪人)
四    負けて勝つ 平和憲法国栄ゆ  (純一)
五    曇らせる 新インフルが追い打ちに  (善三郎)
六    口に合う 山椒や蕗は常備菜  (公三)
七    止められず 棚田守りて星月夜  (千翔)
八    手土産は取りたて嬉し夏野菜  (公三)<折り句 テトナ>
九    逞しき父は我が家の杖柱  (純一)<折り句 タチツ>
十    仕事人 匠の技を引き継いで  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-06-25 02:00 |  安冨冠句会例会