短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年6月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    仕事人 生涯舞台放浪記  (孝代)
(標目  健康管理や意気の賜物)
 追吟  放浪記デングリ返し二千回

地    手洗いと共にうがいを夏の風邪  (純一)<折り句 テトナ>
(標目  冬もすぐ来る喉元過ぎりゃ)

人    止められず 次週に延ばす休肝日  (恒男)
(標目  幾度変更意志の弱さに)

二    雨の古都 傘に紅葉をのせて行く  (豪人)
三    負けて勝つ 良妻夫を傷つけず  (春風)
四    仕事人 母の手いつも濡れている  (純一)
五    手を握る峠宣言長い夜  (千翔)<折り句 テトナ>
六    看護一筋患者の杖に 自分で選んだ道だから   (篤子)
七    郷の川 蛍を育て夢育て  (雅城)
八    口に合う 感謝で食べてみな旨い  (千翔)
九    男前 意外なことに金もある (和憲)
十    雨の古都 ベンガラ格子の軒を借る  (恒男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-06-25 03:00 |  安冨冠句会例会