短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年6月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    仕事人 男ひとつの美学持ち  (直樹)
(標目  成せば成ります自分の道を)
 追吟  美学持ち信念と言う一兎追う

地    厳しさも優しさもあり親ごころ  (直樹)<読み込み 親>
(標目  飴と鞭とを上手に使う)

人    郷の川 ノスタルジーは嘘をつく  (雄飛)
(標目  夢と現実時代のギャップ)

二    種をまく小さな夢は土の中  (公三)<折り句 タチツ>
三    男前 産声上げた初の孫  (雅城)
四    応援歌 辛口も有る期待ゆえ  (和憲)
五    仕事人 惜しまぬ汗が実を結ぶ  (公三)
六    口に合う 山椒や蕗は常備菜  (土筆)
七    止められず 詩ある日々の小宇宙  (直樹)
八    話好き 利点もあれば欠点も  (泉水)
九    負けて勝つ 良妻夫を傷つけず  (春風)
十    手土産は取りたて嬉し夏野菜  (公三)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-06-25 04:00 |  安冨冠句会例会