短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年6月上座抄(有末新一 雅伯選)

有本新一 雅伯選

天    親不孝詫びつ墓前に花供養  (公三)<詠み込み 親>
(標目  孝行をしたい時には親は無し)
 追吟  花供養香煙揺らぐ千の風

地    親となり恩の深さをしみじみと  (春風)<詠み込み 親>
(標目  百倍返す心持ち)

人    男前 顔ではなくて心です  (雄飛)
(標目  外見よりも中身が大切)

二    口に合う 感謝で食べてみな旨い  (千翔)
三    逞しき父は我家の杖柱  (純一)<折り句 タチツ>
四    負けて勝つ 言いたい事は明日に言え  (耕作)
五    通い合う親子の絆血の温み  (和憲)<詠み込み 親>
六    夢をかばんにつめこみ進む 自分が選んだ道だから  (土筆)<送り句>
七    雨の古都 煩悩ひとつ洗われる  (和憲)
八    止められず 趣味の世界は奥深く  (春風)
九    負けて勝つ 花を持たすも人生路  (哲男)
十    負けて勝つ 百歩譲った老いの日々  (孝代)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-06-25 05:00 |  安冨冠句会例会