短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年6月上座抄(平松直樹 雅伯選)

平松直樹 雅伯選

天    種を蒔く小さな夢は土の中  (公三)
(標目  育む愛に日々抱かれて)
 追吟  土の中大輪となりし菊の花

地    早苗すくすく日毎に伸びて 青田の風が心地よい  (戸楓)<送り句>
(標目  いつも成長こころに祈り)

人    男前 私が惚れた人だから  (哲男)
(標目  どこが良いのか無骨な貴方)

二    負けて勝つ 後で咲く花美しい  (和憲)
三    手を取って共に百まで和やかに  (雅城)<折り句 テトナ>
四    有難がとう子を持って知る親の恩  (耕作)<読み込み 親>
五    応援歌 そっと背を押す親心   (新一)
六    郷の川 水に風あり匂いあり  (純一)
七    口に合う 旬が自慢の過疎料理  (和憲)
八    仕事人 蜂はけなげに蜜運ぶ  (春風)
九    曇らせる ならぬ古傷ふと触れる  (千翔)
十    止められず 好きな煙草と旨い酒  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-06-25 07:00 |  安冨冠句会例会