短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年6月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      男前 私が惚れた人だから  (哲男)

三選   負けて勝つ 良妻夫を傷つけず  (春風)
      種を蒔く小さな夢は土の中  (公三)<折り句 タチツ>
      負けて勝つ 花を持たすも人生道 (哲男)
      苦労した親に介護の恩返し  (良春)<読み込み 親>
      親となりあの日の母の想い知る  (孝代)<読み込み 親>
      郷の川 水に風あり匂いあり  (純一)
      手土産は取りたて嬉し夏野菜  (公三)<折り句 テトナ>
      逞しき 父は我が家の杖柱  (純一)<折り句 タチツ>
      仕事人 泣いて灯を消す町工場  (雅城)
      曇らせる 永田の空はまだ晴れず  (泉水)
      厳しさも優しさもあり親ごころ  (直樹)<読み込み 親>
      応援歌 我が青春の熱き日々  (直樹)
      鉄扉閉ざし北鮮なに仕組む  (良春)<折り句 テトナ>
      負けて勝つ 百歩譲った老いの日々  (孝代)
      仕事人 惜しまぬ汗が実を結ぶ  (公三)
      止められず まけてもトラの応援歌  (雅城) 
          

      以上 三選17章


多選 18章でした。今回は久しぶりに多選が多くありました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-06-25 08:00 |  安冨冠句会例会