短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年7月上座抄(岸田戸楓 宗匠選)

岸本戸楓 宗匠選

天    詩に想いをねがいを文字に 余生指折る詩の道  (治子)<送り句>
(標目  優雅な想い辞苑を枕)
 追吟  詩の道余生幾許辞苑枕に

地    戦友が呼ぶ靖国の森真砂踏む  (新一)<折り句 トヤマ>
(標目  吾生き永らへて句界に生きて)

人    臥せる今苦労掛けたと言う涙  (直樹)<折り句 フクイ>
(標目  後ろ姿に心の合掌) 

二    残る人生冠句に懸けて 余生指折る詩の道  (新一)<送り句>
三    余生なお明日を信じて今日生きる  (純一)<詠み込み 信>
四    信用は金で買えない身の宝  (祥雲)<詠み込み 信>
五    明日に夢持ち心も若く 余生指折る詩の道  (耕作)<送り句>
六    共白髪遣り繰り上手まろやかに  (新一)<送り句 トヤマ>
七    夫婦愛苦楽乗り越え今の幸  (耕作)<送り句 フクイ>
八    振り向けば悔いの人生生地獄  (篤子)<送り句 フクイ>
九    人が見る 笑顔会釈で丸く生き  (政信)
十    命がけ 我が子を守る親の愛  (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 01:00 |  安冨冠句会例会