短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年7月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    命がけ 生き抜いたから今がある  (守磨呂)
(標目  ふれ合う友を得たる幸せ)
 追吟  今がある人生峠幾曲がり

地    公約を信じた票だ裏切るな  (良春)<読み込み 信>
(標目  期待するのが無理かも知れぬ)

人    継ぎ足して 記憶を辿る老いの日々  (公三)
(標目  霞の奥を探る思いで)

二    継ぎ足して 無い袖を振ることもある  (耕作)
三    まかせきり 信頼に立つ人づくり  (政信)
四    出世とは 陽に顔向けて恥じぬこと  (政信)
五    物忘れ自分信じる事出来ず  (土筆)<読み込み 信>
六    富と貧やたらと格差増すばかり  (篤子)<折り句 トヤマ>
七    人が見る 正した襟の美しさ  (和憲)
八    一度だけ チャンス与えた人づくり  (耕作)
九    裏ばなし 書いてあります目の色に  (善三郎)
十    口ばかり 一人二人は村に住む  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 02:00 |  安冨冠句会例会