短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年7月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    信じてと言い寄る君の目が恐い  (直樹)<読み込み 信>
(標目  恋は盲目ブレーキ効かず)
 追吟  目が恐い裏がありそなその笑顔

地    信用に勝ものなし人の道  (耕作)<読み込み 信>
(標目  その人柄に宿る人望)

人    継ぎ足して 余生をくれたメスの跡  (佳月)
(標目  医師を信用手術に賭ける)

二    まかせきり 命預けた手術台  (祥雲)
三    惚けの予防にくらしのリズム 余生指折る詩の道  (佳月)<送り句>
四    口に合うとも財布に合わぬ 二度と来る会こんな店  (佳月)<送り句>
五    玉に疵 国技と呼べぬ綱の位置 (佳月)
六    玉に瑕 ちょっと一言多いのが  (哲男)
七    青田道 蛇や蛙がお出迎え  (芳英)
八    青田道 野良吹く風の心地よき  (和憲)
九    口ばかり 法螺吹く人に誠意なし  (祥雲)
十    口ばかり 一人二人は村に住む (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 03:00 |  安冨冠句会例会