短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年7月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    青田道 野良吹く風の心地よさ  (和憲)
(標目  自然の恵み身に受け老いる)
 追吟  心地よさ花にみどりや実る秋

地    継ぎ足して 余生を呉れたメスの跡  (佳月)
(標目  医学の進歩感謝の命)

人    福祉まで喰い物にする痛みの世  (純一)<折り句 フクイ>
(標目  モラル地に落つ悪知恵幹部)

二    青田道 豊秋祈る青座敷  (守磨呂)
三    信用は金で買えない身の宝  (祥雲)<読み込み 信>
四    出世とは そのものさしは社会の目  (善三郎)
五    出世とは 世間が認む功労賞  (篤子)
六    まかせきり そこに芽生える汚職絵図  (佳月)
七    口ばかり ついて行けない足と腰  (春風)
八    ふるさとは栗の花咲く田舎道  (佳月)<折り句 フクイ>
九    人が見る 意識は無用のありのまま  (善三郎)
十    故郷の句座で楽しむいい出合  (祥雲)<折り句 フクイ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 05:00 |  安冨冠句会例会