短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年7月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    時移り山万緑で正に夏  (千代子)<折り句 トヤマ>
(標目  国敗れても山河とこしえ)
 追吟  正に夏省略のはて娘の水着

地    出世とは そのものさしは社会の目  (善三郎)
(標目  天地神明万人認む)

人    故郷の句座で楽しむいい出合  (祥雲)<折り句 フクイ>
(標目  月に一度ときめきたのし)

二    青田道 一期一会の風かおる  (治子)
三    信用は金で買えない身の宝  (祥雲)<読み込み 信>
四    人が見る 表舞台に咲いた筆  (和憲)
五    玉に疵 それが愛敬人間味   (土筆)
六    如何かそぐわぬ思いが強い 二度と来るかこんな店  (善三郎)<送り句>
七    まかせきり 頭もたげる老婆心  (善三郎)<折り句 タマオ>
八    口ばかり 達者している生きている  (土筆)
九    筆止めて苦吟をに耽る一夜漬け  (佳月)
十    出世とは 地位とお金が正比例  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 06:00 |  安冨冠句会例会