短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年7月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    一度だけ 陛下の声を聞いた夏  (佳月)
(標目  こんな悲しさ日本どん底)
 追吟  聞いた夏男は金抜き皆殺し

地    継ぎ足して 地価を見下ろすのっぽビル  (佳月)
(標目  天に伸ばして単価を下げる)

人    踏まれても苦痛に耐えて生きる雑草  (新一)<折り句 フクイ>
(標目  男はみんなこれを味わう)

二    一度だけ 誰もが渡る三途川  (芳英)
三    出世とは 屋台忘れて行く銀座  (和憲)
四    裏ばなし そっと目配せ内緒ごと  (奎夫)
五    福祉まで喰い物にする痛みの世 (純一)<折り句 フクイ>
六    信頼す医師の笑顔で安堵する  (篤子)<読み込み 信>
七    口ばかり 言ってるその人得意顔  (直樹)
八    裏ばなし 地獄へ持ってゆく人も  (政信)
九    人が見る 静かに来てよ救急車  (佳月)
十    まかせきり 清記の苦労知る地巻  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 07:00 |  安冨冠句会例会