短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年7月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部
紫水杯  四選  
    
      福祉まで喰い物にする痛みの世  (純一)<折り句 フクイ>

四選   継ぎ足して 余生を呉れたメスの跡  (佳月)
      まかせきり 命預けた手術台  (祥雲)
      故郷の句座で楽しむいい出合  (祥雲)<折り句 フクイ>

三選   信用は金で買えない身の宝  (祥雲)<詠み込み 信>
      余生なほ明日を信じて今日生きる  (純一)
      臥せる今苦労掛けたと言う涙  (直樹)
      継ぎ足して 句帳の白に浮かぶ夢  (和憲)
      まかせきり 清記の苦労知る地巻  (和憲)
      一度だけ 陛下の声を聞いた夏  (佳月)
      裏ばなし 今は話せる苦労道  (公三)
      
      以下三選(純一)(和憲)(春風)(泉水)(戸楓)
      以上十二章
      
以上多選の部 十七章でした 。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 08:00 |  安冨冠句会例会