短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年7月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    しなやかに 会えば自然に出る会釈  (耕作)
(標目  持って生まれた天然の美よ)
 追吟  出る会釈受ける心もさわやかに

地    切符手に 幸握りしめ娘は嫁ぐ  (千翔)
(標目  これより咲かす人生の花)

人    大過なく勤めし後を農に生く  (政信)<折り句 タツノ>
(標目  賞に戴く次の人生)

二    海に山に 泣いております温暖化  (公三)
三    言葉選る恥をかかさぬ喉仏  (和憲)<読み込み 選>
四    しなやかに 一指一指のおどる手話  (純一)
五    発車して 道それぞれに巣立つ鳥  (千翔)
六    決め手なし いよいよ薄き髪手入れ  (純一)
七    励まして 四川へ飛んだ千羽鶴  (和憲)
八    幸せがそろりと逃げて姥桜  (哲男)<折り句 シソウ>
九    軽トラが票を集めた町議選  (和憲)<読み込み 選>
十    帰り待つ 有り難きかな母が居て  (千翔)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-07-31 01:00 |  安冨冠句会例会