短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年7月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    幸せに添い遂げた今嬉しくて  (芳英)<折り句 シソウ>
  (標目 父母に挨拶初孫抱いて)
 追吟  うれしくて案内状は連名で
地    首を振る 口では言えぬ時もある  (千翔)
  (標目 相槌打てず目配せ合図)

人    決め手なし 有力証拠多すぎる   (篤子)
  (標目 敏腕刑事頭かかえて)

二    決め手なし 漁船も休む原油高  (良春)
三    励まして 勇気を貰う助け合い  (孝代)
四    切符手に 行くか止めるか迷い道   (守麻呂)
五    切符手に 北京の空に日の丸を (耕作)
六    しなやかに 鮎解禁へ竿さばき   (政信)
七    発車して シートベルトに縛られる  (純一)
八    口車 なめらかな舌裏怖し  (春風)
九    切符手に 一人旅立つ不安顔   (公三)
十    切符手に 故郷の駅さようなら (奎夫)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-07-31 02:00 |  安冨冠句会例会