短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年7月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    励まして 試歩の一歩を促せり  (篤子)
(標目  口のリハビリ言うは辛いが)
 追吟  促せり義足履かせて肩叩く

地    鈴を吊る 腹は決まった男です  (公三)
(標目  死地に赴く壮士気取って)

人    太陽と月の光で農暦  (美好)<折り句 タツノ>
(標目  蒔いた記録は日誌参照)

二    励まして やさしい言葉介護の手  (耕作)
三    選び出す朝の畑は露の中  (公三)<読み込み 選>
四    しなやかに 年季がさばく老いの知恵  (千翔)
五    首を振る 里芋の葉に風やさし  (佳月)
六    首を振る 縦に振らない訳がある   (戸楓)
七    新緑に染めかえ里も雨季に入る  (土筆)
八    口車 乗せられて知る我が報い  (篤子)
九    しなやかに 風を殺した処世術  (和憲)
十    帰り待つ 夕餉の支度熱々に  (孝代)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-07-31 03:00 |  安冨冠句会例会