短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年7月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    励まして 四川へ飛んだ千羽鶴  (和憲)
(標目  千羽万羽よ力になれと)
 追吟  千羽鶴心よ届け被災地に

地    親切はその人柄も美しい  (耕作)<折り句 シソウ>
(標目  教養だけが此の世ではなし)

人    鈴を吊る 音色楽しむ侘び住まい  (和憲)
(標目  安らぎを受けるもの悲しさも)

二    田を愛し伝え行きたい野良の汗  (新一)<折り句 タツノ>
三    忍の一字に幾年耐えて 踏まれて咲いた出世花  (奎夫)<送り句>
四    海に山に モラル問われる捨てたゴミ  (和憲)
五    切符手に めざすは北京金メダル (耕作)
六    発車して 泣くな橋下これからだ(守麻呂)
七    帰り待つ 進まぬ拉致に父母の声  (哲男)
八    鈴を吊る 耳で涼知る夏の知恵  (恒夫)
九    口車 情がからんで押した判  (春風)
十    幸せは晴れ着を選ぶ母子連れ  (佳月)<読み込み 選>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-07-31 04:00 |  安冨冠句会例会