短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年7月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選


天    決め手なし 少子高齢世を変える  (佳月)
(標目  理解し合って未来を見据え)
 追吟  世を変える時の流れに添いて生き

地    しなやかに なびく柳も芯強く  (耕作)
(標目  いざ正念場信念燃やす)

人    選り優る小豆目を切り土用来る  (土筆)<読み込み 選>
(標目  収穫期待祭の膳に)

二    海や山に 教えが光る父母の恩  (和憲)
三    励まして 元気に成ると医師の声  (哲男)
四    発車して 敷かれたレールの重きこと  (直樹)
五    掴むメダルは故国の土産 いざや五輪へ武者震い  (佳月)<送り句>
六    田んぼ道露に生き生き野路の花  (公三)<折り句 タツノ>
七    切符手に 上り列車に希望持ち  (奎夫)
八    鈴を吊る 飾れば軒に風が寄る  (千翔)
九    首を振る 尺八吹いて三年目  (和憲)
十    帰り待つ 子つばめ顔を口にして (政信)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-07-31 05:00 |  安冨冠句会例会