短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年7月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    決め手なし 漁船も休む原油高  (良春)
(標目  一斉休魚二万隻)
 追吟  原油高物価高騰避けられぬ

地    切符手に 冥土の旅は片道で  (恒男)
(標目  美巻手土産急遽逝かるる)

人    幸せは糟糠の妻旨いめし  (孝代)<折り句 シソウ>
(標目  生き甲斐嬉し女冥利か)

二    太陽と月を見方に農に生き  (泉水)<折り句 タツノ>
三    無選別怒り悲しみ献花台  (千翔)<読み込み 選>
四    決め手なし 自然の猛威なすがまま  (佳月)
五    真剣な創意工夫が腕磨く  (新一)<折り句 シソウ>
六    励まして 老老介護共白髪  (良春)
七    発車して 保険に悲鳴低所得  (哲男)
八    鈴を吊る 音色楽しむ侘び住まい (和憲)
九    励まして 辛さ乗り切る人生は   (謙一郎)
十    首を振る 里芋の葉に風やさし  (佳月)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-07-31 06:00 |  安冨冠句会例会